短期間ダイエットについての情報を紹介しているHPです。当ウェブサイトを活用してリバウンドしないダイエットに詳しくなってみませんか。

短期間ダイエット

短期間ダイエットを始めるならまずは初心に返るべきである


HOME



短期間で腹筋ダイエット


短期間ダイエット

腹筋ダイエットはたるんだお腹を引き締めたい人におすすめです。
鏡に我が身を映してみると、下腹のぽっこりがどうしても目につくという人がいます。
むっちりした脇腹をどうにかしたいと思っている人はぜひ腹筋ダイエットに取り組んでみましょう。
腹筋を構成する3種類の筋肉を刺激することが、腹筋ダイエットでは大事です。
たて、横、斜めの3種類の腹筋を意識して運動をします。
お腹を引き締めるには、3つの方向から腹筋を使うダイエットをすることです。
お腹を引き締める運動効果を早くから得たいという人は、ダンベルを使った運動で効率的に筋肉を使っていくようにします。
使うダンベルの重さは0.5〜2sの範囲で、数回上げ下ろしできる重さを選びましょう。
水を入れたペットボトルで、ダンベルの代用をすることもできます。
ダンベルを使いながら3方向腹筋を鍛える運動をすることで、短期間ですっきりとしたお腹を手に入れることができます。
いきなり筋肉を酷使すると筋肉痛になることもありますが、負荷をかけすぎずに、無理のない範囲で運動をします。
腹筋運動を3方向から行う運動はハードだと感じる人もいますが、意外と腹筋は強いため、問題はないようです。
腹筋ダイエットは、ぽこっと出た下腹部のぜい肉を減らす効果的な方法であるといえるでしょう。

横腹筋を鍛えるダイエット運動


短期間ダイエット

腹筋運動は誰でも簡単にできる運動なので忙しい方にもおすすめのダイエット方法です。
3方向から筋肉に負荷をかけることで、効率的な腹筋ダイエットができます。
最初にする腹筋運動は、横の腹筋を鍛えるというものです。
横腹筋を刺激しながら、下半身特に太ももの引き締めにも効果がある腹筋ダイエット運動です。
500gのダンベルか、500mlのペットボトルに水を詰めたものを運動に使います。
腹筋を使うダイエットをすることによって、憧れの引き締まったお腹になることができます。
さほど広いスペースがいらないので、家の中でできます。
ダンベルを手にして、1m弱ほど足を開いて真っすぐ立ちます。
両手は肩の高さに伸ばします。
腰が反ったり後ろに落ちないようにするのがポイントです。
左足に右手のダンベルを近づけるようにしながら、体を左側に傾けます。
膝は曲げないこと、体が傾けられないならばできる範囲までで留めます。
反対側も同じような動きをし、左右15回繰り返します。
ダンベルで負荷をかけるだけで、かなり腹筋に刺激があるようです。
腹筋運動にダンベルを使う場合、重さに引きずられないようにダンベルを使いましょう。
筋肉でダンベルを動かすつもりで、一つ一つの動作にスピードを出しすぎないようにします。
腹筋を鍛えてお腹を引き締めるには、進捗状況を鏡で確認したり、ダイエット中に適した食事をすることも必要です。

腹直筋を鍛える腹筋ダイエット運動


腹筋ダイエット運動でお腹のたるみを引き締めるものには腹直筋を鍛えるものもあります。
片足で立つことによってお尻の筋肉を使いつつ、蹴るような足の動きで腹直筋を強くします。
ダンベルを持って腕を前にもったままキープするので、肩の筋肉や二の腕の引き締めにも効果があるようです。
立った姿勢で行う運動です。
足は肩幅に、みぞおちは引き気味に、1、2sのダンベル一個を両手で持ちます。
手は前方に、足は左足を90度に曲げながら右足を後ろに引き、右足の裏をできるだけ伸ばします。
肩から力を抜いて、耳と肩が近づかないように心がけつつ、右ひざと伸びてる腕が接触するくらいにまで伸ばして元に戻ります。
左右同じ動きを30回ずつ繰り返します。
負荷をかけるだけではなく、筋肉を使っているという感覚を感じられるのではないでしょうか。
ダンベル自体の重さや勢いを利用して運動をすると筋肉に負担がかからないので、重みに振り回されないような運動をします。
反動を使わないようにゆっくりと筋肉を意識して動くとで、より腹筋ダイエットに効果があります。
ダイエットがうまくいくかどうかは、長続きするかにかかっています。
腹筋を使った運動を長く続けることができれば、腹筋の割れが見た目でも確認できるくらい脂肪を消費することが可能です。
ウエストのサイズダウンには、腹筋ダイエットを継続することが必要です。




Copyright (c) 2018 短期間ダイエットを始めるならまずは初心に返るべきである All rights reserved.

▲TOP