キャバクラの派遣で働くデメリット

キャバクラの派遣で働くメリットは一般的に

 

・好きな時にお店を探して働くことができる
・ノルマがない
・お給料をその日のうちに全額日払いでもらえる
・最低の時給と労働時間が確保されている

 

このような部分になります。
派遣会社のホームページを見ても強調されていることが多いのでメリットについては十分に理解しているという人も多いかと思います。それだけメリットが多いので逆に派遣のデメリットはなんだろう?と思う方もいるでしょう。

 

 

 

派遣のデメリットについて考えてみると、

 

・ガッツリ稼ぐことが難しい
・お店によっては派遣の扱いが雑になる

 

主にこの2点がデメリットとして考えられるでしょう。

 

 

まず、ガッツリ稼ぐことが難しいというのは、お店によって異なりますが派遣の場合はドリンクバックや指名バックなどが付かないこともあるので頑張って売り上げに貢献してもそれが自分のお給料に反映されないことが多いです。

 

 

派遣会社によっては容姿や経験などによってランク分けされていて時給が高くなることもあります。派遣の、ノルマがない、好きな時に出勤できるという部分に魅力を感じているという方は、そんなにガッツリ稼ぎたいというよりかは空いた時間を有効活用してお小遣いを稼ぎたいという人のほうが多いと思うのでそんなにデメリットに感じることはないかと思います。

 

 

ただ、月50万円以上稼ぎたいという場合は派遣だと少し厳しいと言えるでしょう。二つ目のお店によって派遣の扱いが雑になるというのは、例えばいいお客さんが来店した場合、在籍が優先して付くことになったり、送りで待たされたり、順番が最後になったりということです。

 

 

お店側からすると派遣はその日のキャストの人数を確保するための穴埋め要因の役割ですので言い方は悪いですが使い捨てのような対応をする店も中にはあります。もちろん全てのお店がそうだというわけではありませんし、そういったお店はキャバ嬢の掲示板などをみれば店名がわかるので候補から外すなど、対策を取ることは可能です。ただあらゆる面で在籍と派遣でどちらが優先されるかと言えば、在籍になるということです。

 

 

もしあなたがキャバクラの派遣で働こうと思っているのならこういったデメリットに関しても知っておいたほうがいいでしょう。


キャバクラ派遣 デメリット