キャバクラでの体入と派遣の違い

キャバクラにはそのお店に在籍をして働く以外に体入と派遣という働き方があります。体入というのは体験入店の略でそのお店で在籍として働く前に働きやすさだったり客層などを知るために1日限りでキャバクラで働くことを言います。

 

 

キャバクラによっては何回でも体験入店ができる店舗もあります。
一方で派遣というのは派遣会社に登録をしてその日にキャストを募集している店舗を探して働きにいくことを言います。
お店側が募集をしていれば同じお店で何度も働くことができます。
お給料は全額日払いで貰えるなど似たような側面がある体入と派遣ですが違いがあります。

 

 

まずは給料が違います。
体験入店のほうが派遣に比べると時給が低いということがほとんどです。
体入はあくまでも体験なのでお試しでみたいな要素が強いですし、未経験の子も多いのでそういう意味でも派遣よりかは時給が低いんですね。

 

 

お店側の対応も体入と派遣では変わってきます。
基本的には体入の場合はその後にお店で在籍として働いてもらえる可能性があるので派遣よりかは丁重に扱われることが多いです。
例えば送りを使う子もいると思いますが、その際の順番や待ち時間、労働時間に関しても派遣の場合は最低保証時間を過ぎたらすぐ上がりになる可能性が高いですが体入の場合は時給も安いのでその分長く働けるというメリットもあります。

 

 

派遣があまりメジャーではなかった時は日払いをもとめ色々なお店に体験入店に行くいわゆる体入荒らしをしている子も多かったですが派遣ができてからはそういった子はほとんどが派遣として働いているので体入荒らしというのは少なくなったという傾向があります。体入はあくまでも在籍として働くためにするもの、という雰囲気に最近はなっているのでそういった意味でも体入と在籍の扱いが変わってくるのも致し方ないような気がします。

 

 

 

ただあくまでもお店やスタッフによっても対応は変わってくるということはお忘れなく。
在籍をするつもりがなく体入をするなら派遣として働いたほうがメリットは多いかと思います。


キャバクラ 体入